性病検査は保険が適応するのか

女性の中には、局部が痒い・痛い・白い塊・不正出血があるなど、性病を疑いたくなる症状が出てくる場合があります。
性病はその名の通り、性交渉によって感染してしまう病気の1つで、婦人科系のクリニックでの検査方法をはじめ、性病検査キットなどで性病の有・無を確認できる方法があります。
ですが、多くの方が心配なのが、検査費用・治療費などの金銭面で、性病検査は保険が適応するのか、という声も聞かれています。
現在、性病検査には健康保険が適用されるケースが多くあり、早めの検査を勧めています。
健康保険が適用されるケースには、性病の種類によって異なる場合があるので注意が必要で、例えば、痒みや痛みなどがすでにある状態でクリニックを受診する場合は保険が適用されますし、的尿検査・クラミジア検査・ヘルペス抗体などの病気の可能性がある場合をはじめ、症状が出ている場合にも健康保険が適用され、検査・治療を受けることができます。
ですが、中には保険適用外の検査もあり、例えば、性病の疑いがあるものの、症状が出ていない場合のクリニック受診には適用されず、自分で行う検査キットの購入にかかる費用も保険適用外になってしまいます。
ですが女性の場合、将来的に不妊の原因になる可能性もあり、疑わしい場合には早目の検査が大切です。