カンジダの感染経路~池袋でも治療を受けられる~

人間の体には様々な細菌が住み着いています。
菌が体にいると考えると少々気持ち悪いですが、免疫力が正常であれば、特に問題を起こす事はありません。
しかし、疲労が蓄積したり風邪など何かしらの病気をして、免疫力が低下してしまうと菌が増殖し、様々な症状を引き起こすケースがあります。

カンジダも免疫が下がる事で起こる、感染症の1つです。
性感染症と思われる事が多いですが、カビの1種であるカンジダはほとんどの方の、皮膚や口、肺、腸などに寄生しています。
また、女性の場合性交渉に関わらず、約10%の方の膣内にこのカビが住み着いているようです。

性交渉が感染経路という事では無い為、性交渉が無い方でもカンジダで症状を引き起こす場合もあります。
また感染経路としては、母子感染が挙げられます。
出産時、赤ちゃんが産道を通る時にカンジダに感染してしまうのです。

このような感染経路もあるので、しっかり治療する必要のある感染症と言えるでしょう。

池袋ではカンジダ感染症の治療を行っているクリニックがあります。
通いやすい立地にあるので、池袋のクリニックなら通いやすいでしょう。

池袋のクリニックの多くは、基本的に抗生物質を配合した外用薬での治療が一般的です。
外用薬を約1か月ほど塗る事で、カビを殺菌していきます。
外用薬で治りが遅いという場合は、抗生剤の内服薬で治療するケースもあるようです。

女性の場合、膣内に感染していた時は膣洗浄を行い、膣剤を活用するクリニックもあるようです。

痒みがでたり、女性ならおりものが大量に増えるといった症状が起こる、カンジダ感染症はそのまま放置しても、治るものではありません。
気が付いたらすぐにクリニックで診察を受けましょう。